瓊浦高校

バドミントン部(男女)

  瓊浦高校バドミントン部は、創部から57年を迎えた伝統ある部です。
現在、部員23名で活動しており、部員の全員が普通科体育総合コースに所属してます。

 

長崎県内・県外から、日本一を志す生徒達が集まっており、その大半がバドミントン合宿寮で共同生活を行っています。食事は寮母さんの手作りの食事が(朝・夕)提供され、昼食は学校までお弁当を配達してくれます。

 

日々の練習は、早朝練習(トレーニング+シャトル打ち)を学校で行い、夕方の練習は、長崎県立総合体育館を中心に、長崎市内の公共施設体育館にて行っています。体育館までの移動はバドミントン部専用バスを使用。練習終了後は、バドミントン合宿寮までの送迎を行っています。更に、毎週水曜日と金曜日(午後)から、体育総合コースの授業の一環として、ウエイトトレーニングやコーディネーショントレーニングを行っています。最新のウエイトトレーニング機器を導入し、専門家による本格的な体作りや、バドミントンに適した動きづくりに励んでいます。

 

また、バドミントン合宿寮の近くにある、かつき整骨院と連携を図り、生徒の体のメンテナンスも行っています。土日の練習には会場まで出張していただき、練習の合間にメンテナンス及び、怪我の治療を行っております。

 

★卒業生の進路は主に大学への進学が中心となります。就職希望者には実業団チームをはじめ、県内・県外の就職先を斡旋しています。

(過去5年間のバドミントン部 卒業生進路先)

法政大学・早稲田大学・日本体育大学・筑波大学・中央大学・日本大学・神奈川大学・龍谷大学・近畿大学・立命館大学・天理大学・大阪成蹊大学・大阪産業大学・福岡大学・松山大学他  (各大学、複数名が進学しています)

 

瓊浦高校バドミントン部は部活動だけでなく、テスト前には部員全員で学習会を実施するなど、大学進学へ繋がっていくように学習にも力を入れています。また、寮生活・学校生活全般に対する細やかな躾にも気を配り、バドミントンを通しての人間教育を図り、社会へ出てからもリーダー的存在になっていけるように指導を行っています。

 

↓大会実績等は下の「実績をみる」をクリック!↓

2021年 全国私立高等学校選抜大会にて優勝(二連覇)し、日本一になりました。

2021年 インターハイ団体戦にて、第3位入賞しました。

2021年 全国選抜バドミントン大会個人戦シングルスにて、田中市之介が準優勝しました。

その結果、2021年度U-19日本代表に選出されました。

2019年 全日本ジュニアバドミントン選手権大会(JOCジュニアオリンピック)ダブルスにて、町田脩太・永渕雄大が見事優勝し、日本一になりました。

その結果、2019年度U-19日本代表に選出されました。

2019年 インターハイ個人戦ダブルスにて、中島巧・杉本一樹が準優勝しました。

2018年 全国選抜バドミントン大会団体戦にて、準優勝しました。

2018年 全国選抜バドミントン大会個人戦シングルスにて、村本竜馬が第3位に入賞しました。

2016年 インターハイ団体戦にて、第3位入賞しました。

最近、トレーニング機器を導入し、バドミントンに必要なトレーニング方法を専門家に作成してもらい取り組んでいます。

  女子バドミントン部は部員14名で毎日練習を頑張っています。少ない人数ですが長崎県新人戦で第3位を勝ち取るなど急激に力をつけてきています。私たちと一緒に上位大会出場を目指し頑張りましょう!

男子 部活動紹介

女子 部活動紹介

TOPICS

    現在新着情報はありません。

  • TOPIC一覧
  • 実績をみる
    Copyright(C) 2021 KEIHO High school .All Rights Reserved.

    ページトップ