瓊浦高校

陸上競技部(男女)

  陸上競技部は、創部55年を迎える伝統ある部です。都大路出場5回、インターハイ入賞、国体優勝など数々の実績を挙げ、幾人もの名選手を送り出してきた輝かしい歴史を持っています。現在は、長距離(山川貴広監督)、短距離(小野友樹監督)、女子長距離(藤田朋子監督)とブロック毎に専門を分け活動しています。
 男子長距離ブロックと男女短距離ブロックは、松山陸上競技場を拠点とし、「自己記録更新・夏のインターハイ出場・冬の都大路出場」を目指して、日々の活動に取り組んでいます。『笑顔は引力』を合い言葉に、声をかけ合い、高め合う環境で練習しており、学校生活が競技に繋がることを自覚し、一日一日を大切に考動しています。

女子長距離ブロックは、長崎市総合運動公園(柿泊)でのポイント練習や、唐八景でのクロカン練習、水泳、ウエイトトレーニング等、総合的な体力作りをベースに、少人数で練習しています。酸素カプセルを導入し、疲労回復、怪我の予防にも配慮しています。近年は、女子陸上競技部初のインターハイ選手、都道府県対抗女子駅伝の強化選手等、個々人のレベルが向上しています。

TOPICS

    現在新着情報はありません。

  • TOPIC一覧
  • 実績をみる
    Copyright(C) 2021 KEIHO High school .All Rights Reserved.

    ページトップ