瓊浦高校

校長挨拶

校長から

「瓊浦(けいほ)」は「たまのうら」とも読みます。「瓊」とは「赤く輝く美しい宝石」「浦」とは「波静かな海辺」を表す言葉。つまり「たまのうら」とは「まるで宝石のように美しい海辺」、すなわち長崎港のことです。
また、「瓊」は生命の象徴であり、命の始まりでもある胎児の形、すなわち勾玉(まがたま)を表すとも言われています。
生命の限りない成長と、そこに秘められた美しいエネルギー。
瓊浦高等学校は、そんな可能性に満ちた若い個性を磨き、輝かせる学校です。

Copyright(C) 2021 KEIHO High school .All Rights Reserved.

ページトップ